【トイザらス】プール特集

毎日、子供を狙った犯罪がテレビなどで頻繁に報道されています。

その中には凶悪なものや痛ましい事件も多々見られ、犯罪によって
命を落とす子供は後を絶ちません。

警察庁の調査によると、実際に子供が被害となる犯罪は2001年
までは増加していましたが、2001年をピークに減少傾向にある
ということです。

これは人々が増加する犯罪に危機感と防犯の必要性を感じ、積極的
に防犯に取り組んだ結果だと考えられます。

しかし、依然として子供の犯罪被害は年間30万件以上。
中でも

窃盗は最も多く、次に誘拐、暴行、傷害、強制わいせつ、恐喝などが
続いています。

また、犯罪によって命を落とす子供の数は減少しておらず横ばい
状態だということです。

さらに犯罪の検挙率を見ると、それまで100%であった検挙率は
2004年には70%台に落ち込んでいます。しかし防犯意識の
向上や地域の連携により2006年には90%台にまで戻っています。

犯罪の総数が減少したとはいえ、まだ安心して暮らせる社会とは
言えないのが現状です。

子供が被害者となる痛ましい事件を耳にする度に、誰しも怒りと恐怖
で身を引き裂かれる思いになるでしょう。まして同じ子供を持つ親な
ら他人事として見ることはできません。

犯罪による子供の被害をこれ以上広げないために、徹底した防犯の
必要性が高まっています。

そのために私たち大人が犯罪の現状を把握し、

・適切な防犯の実践
・子供への防犯教育

が必要となっているのです。


カテゴリー

人見知りの症状と対策
人見知りとは乳児や幼い子が、母親や親しい人以外に対して恥ずかしがったり、怖がったり、泣き出したりすることを指します。 生後すぐでは、赤ちゃんは誰に対しても反応は大きく変わりありません。 しかし生後6ヶ月を過ぎる頃から、傍にいて面倒を見てくれる人を判別